タグ:気づき ( 8 ) タグの人気記事

いろいろと...

ひ~ちゃんが体調崩して、私も崩した。

ど~んと熱がでるわけでもなく、
なんだか体の中に居座ってる感じ。

悪寒が続いて寒くて寒くて、う~~~~ってなる。
やめてよ、眉間のシワが深くなるじゃん。

ぱ~~~っと発熱してスッキリしたいのに。

全てのもの、ことを抱え込んでる感じ。
あれもこれも全部すっきり出したい。

そんな時に考えること、思うことはネガティブの塊。
そしてそんなときの言動に後悔・自己嫌悪。
どんどん体調悪くなる気がする。

そしてある晩、あることにそれはそれは突然 ハッ と気づいて
号泣してしまった。
寛平ちゃんのゴールもほろろとなったけど、それどころじゃないくらい。
ひっさびさにぼろぼろ泣いた。
でも、誰にもばれないように。

次の日、心も体もすっかりよくなった。
そして、女性の月の恒例行事をむかえ、
体にたまってたものがアレもコレも全てでた。
いつもより余計に出た感じ。

リセットされたな~

あの時、悶々としてたことがホント、ど~でもいいことに思える。

「伝える」って難しいなと常々思ってた。
「伝わらない」「伝えることができない」と思ってた。
「私の話を聞いてくれない」「聞こうとしてくれない」と思ってた。

一番身近な人たちが、一生懸命聞いて理解しようとしてくれてた。
私が聞いてなかった。
一番聞かなきゃいけない人の話を聞いてなかった。
理解してると思い込んでた。


「カカ、一緒にぎゅ~ってして寝よ」って言われたら
「いいよ」ってだけ言おう。

「カカ、今度の日曜日、お散歩しようね」って言われたから、晴れますように。


最近のお気に入り

「獺祭」の酒粕で甘酒
 お鍋いっぱいに作ってしまうけど二日くらいでなくなってしまう。
 
 ファミマのボクのおやつシリーズのカバヤの「さくさくぱんだ」もしくは
 セブンイレブンの100円おやつ?シリーズのグリコの「キティランド」
 
 ビスケットと安っぽいチョコレートがベストマッチ!
 子供のときから大好き。
 だめだめ、一気に全部食べたら~
 と思いながら、手が止まらず一袋食べてしまう。
 だから、家では絶対食べない。子供たちに取られるから。
 今日もおいしかった~



 
[PR]
by swallow-hair | 2011-01-27 16:20 | 気づき

たいしたことではないけど

月曜日に商工会議所にいって、経理関係の処理を教えてもらったり、
手伝ってもらうために、久々にほぼ徹夜状態で資料作成。

商工会議所にいって、Mさん、Oさんにお手伝いしていただき、
月曜日の午前中かかって帳簿完成!

やらなきゃやらなきゃと思っていたけど、日々に追われ、
とりあえずの簡単な帳簿をつけて、お金を合わせてたけど、
申告にあたっての必要な資料の作成は、申告ソフトに入力と簡単そうで、
一番苦手な「入力」作業で後回し後回しにしてた。

「あとは、ココをこうして、コレを入力すればよいです。今後は簡単です」といわれ、
肩の荷がおりました。

なんつーか、片隅にあったモヤモヤがパッと消えてなくなった感じ。
そして、前回すごく難しいと思った帳簿のことも、そうでもないと思えるようになったことも
久々に「勉強」した気になってちょっと嬉しかった。

じゃ、今晩は、続きを家のパソコンでやろうかなと、USBメモリにデータを移そうと思ったら...

え?申告ソフトのデータがおかしくない?
消えた?!
バックアップのデータも商工会議所行く前のじゃない?
え?なんでなんで?

自分の中の最適な方法を試してみてもどこにもデータがない?

「え~なんで~うっそ~」と久々に大きな独り言。

いっぱい物がぶらさがった突っ張り棒が落ちたときよりも何十倍もショック。
(私は突っ張り棒をつっぱるのが苦手で嫌い)

もうお迎えの時間。
データを入れなおす覚悟で資料やらパソコンを持って店をでた。

泣きそうだった。
外はすごい寒いし。大きい声で泣きたかった。

そして、ちょっと八つ当たり。ダメ母だな...

家でももう一回、会計ソフトを立ち上げたけどやっぱりデータはみあたらない。

とにかく気を取り直して、やることやらねば止まってしまうので、まず子供たちを早く寝かせる。

そして、パソコンを立ち上げていつものように会計ソフトを起動してみると...

アレ?あるじゃん!データあるじゃん!!
説明しても理解できないであろう母にまで、あーでこーでと説明してしまった。
それくらい、テンション上がった。


「あ~よかった。神様ありがとう!」と大きな声で言いました。

なんだ今日。なんて日だ。

そして火曜日。
夕方まで時間があったので、今までやりたかったことの買出し。
あれこれ買ってお店へ。

まず、窓掃除。「激絞りワイパー」ってのを買ってみたけど、激絞りが気持ちいい。
窓掃除してます感がたまんない。

窓に日よけの布を掛けられるようにバーを取り付けた。
もちろん突っ張り棒ではなく、ドライバーを使って、ネジをさして取り付けるやつね。

棚?ボックス?にキャスターつけた。

入り口のドアの隙間にテープを貼った。

こういうことは全く好きではないし得意でもないけど、誰もやってくれないのでやった。

完成の達成感よりも、こうしたいと思っていたことが、
一日に何個もできたことが嬉しくて嬉しくて。

毎日、「これやりたいな」と思ってることを一個もできないで一日が終わっていく日々で、
「やりたいこと」がどんどん増えていってた。

いつか、できる日がくるんだなと。

ベストなタイミングでできる日がくるんだなと。

できなくてあ~あと思う日がなくなりそうだ。
[PR]
by swallow-hair | 2010-12-14 23:55 | なんとなく

第2回 ツバメストア ミーティング 

月曜日、ミキとの「ツバメストア」のミーティングでした。

「ツバメストア」は「swallow hair」の販売部門です。


虹ヶ浜でのミーティングを予定していたけどあいにくのお天気。
雨がやんだので、虹ヶ浜に集合したものの、
今日は海風が肌寒く、おばちゃんにはしみたので退散。

いろいろ物を広げるので、そんなスペースのあるところ...と移動して、
公の施設にたどり着きました。

ミキが作ってくれた試作品たちをみながら、
あ~しよう、こうしようと意見交換しながら、話がちがうとこに行って、また戻ったり、
違う話と思ったけど、実はつながってたり、
「いやいや、とにかく自分のこと誉めよう!」って話になったり...

「で、何話してたっけ?!」ってなって、「水玉の大きさは...」とか、
そうこうしてる間に、今度はミキ先生にカードやってもらったり。

とにかく「開け!」ってことみたい。

スコーーーンってはまりました。何かが。

でっかいGOサインをもらった感じです。

一年半ほど前に、ふと、開業しようという思いが湧いて?降って?きたときに、
数人にそれぞれお願いしたいことがあって、
その中のひとつが、ミキへの布小物の作成でした。

今こうして、実現しようとしてるのがとても幸せ。

私にもミキにも、それぞれいきたいところがあるので、
そこに一歩一歩近づくために、
「ツバメストア」を楽しみながら気づいたらたどり着いてたいです。

もしかしたら、「偶然」ってないんじゃないかと思った一日でした。


ミキ~
かわいい試作品の写真ちょうだ~い
[PR]
by swallow-hair | 2010-06-09 23:38 | 仕事

おちてあがった日

はっちゃんが熱がでたりさがったり、食欲もなくグズグズいってる。

保育園もお休みしてる。

ひ~ちゃんも鼻水が続いてて咳がではじめた。

寝てる間も、咳がひどくて喉と胸と眉間の痛みをうったえて泣いた。

ゼロゼロヒューヒューいってるから肺炎かと心配になった。

眉間が痛いってのは副鼻腔炎?

時々泣いてたけど、寝れてたので、朝起きたら元気で食欲もあった。

小児科と耳鼻科を受診した。

まずは、小児科。

胸の音を聞いた先生が、「この子は、喘息があると思うよ」といわれ、呆然とした。

「ネプライザーの購入を検討して」「小児喘息ってしらべてみて」といろいろ言われたけど、
なんかよく頭にはいらない。ドキドキしてきた。

「風邪をこじらせたりも原因のひとつ...」といわれ、私のせいか...と、どよ~ん...

この空気を感じてか、ひ~ちゃんはなんだか元気をアピールしてるような。

耳鼻科の順番待ちで近くの公園で遊んでる間も、
「喘息、喘息、喘息...」と頭の中をぐるぐる...
無邪気に遊ぶ、ひ~ちゃんを見ても、ハハハと妙な笑顔しかできない。

そして、順番がきて、レントゲン撮ったら、やっぱり副鼻腔炎でした。

耳鼻科の先生に、「今までいわれたことないんですけど、さっき「喘息」っていわれました」と告げると、

「喘息ではありません」とキッパリ、ハッキリ言われました。

いつも、声が小さくて、聞いたこと意外は言わない先生が若干大きめの声で言いました。

「鼻水が続くと、喉におちて、ゼロゼロ咳をし始めます。
 その菌が、気管支にいくと気管支炎になります。鼻の中だと副鼻腔炎になります。
 鼻がよくなると咳がとまります。
 弟さんも、お兄ちゃんから菌をもらってますね。だから弟さんだけ治ってもだめです。」

 なるほど!納得!
 そういえば、ひ~ちゃんも鼻水が先だったし続いてた!

 一気にテンションがあがった!!
 
 耳鼻科の先生の診断を信じて治療することにした。だてに、黄色いポルシェに乗ってないねアナタ!!

 小児科の先生の診断が間違っているのかどうかは、素人の私には判断できないけど、
 「なんでもう一日早く来ないの」とまた言われた。
 子供が苦しまないように、もっと体調管理に危機感を持てという私への警告かな?
 
 子供の体調をどう判断するか、どの先生の診断を信じるか、
 親としての責任の重大さを改めて実感した。
 
 その後、ひ~ちゃんは咳もでることなく、元気に回復に向かってる。
 副鼻腔炎は完治に一ヶ月くらいかかるみたい。

 いやぁ~最近いちばん落とされてあがったな~

 
[PR]
by swallow-hair | 2010-05-28 23:13 | 育児

おばちゃん三人で

なんだかんだで延期になってた、陽子のお誕生日おめでとうランチ

「夢華」というお店に行ってきた。

一人前のちゃんこ鍋にオプションで「コラーゲンボール」をいれて食べるといいらしい。

もちろん三人迷わず即注文!!

ゼリーみたいなボール状のものが運ばれてきた。
そのまま食べてもいいらしいけど、特においしい味がするわけではないので、お鍋でいただいた。

そのお店の女主人はきれいな人で、45歳を超えてるといってたけど、
コラーゲンボールのお陰なのか、お肌もピチピチでした。

が、こちらのおばちゃん三人...

「あの人、残念なところが二つある。45歳って言っちゃたとこと香水がきついとこ」と、みゆ。


「ごちそうになっといてなんだけど、また食べたいかって言ったら...別にな感じだね」と、陽子。

「次は私の誕生日だから、おいしいお店でよろしくね!」と私。


あれあれ~

「THE おばちゃん!」的な、物事に対して常に否定的な発言、
そして、なぜ素直に「ありがとう」とだけ言えないのか....

歳を重ねるごとに、どんどんパワーアップしていく、自分達の母親の様子を、
「すごいなぁ」と他人事のように思っていたけど、
36歳になる私たち、確実にその道をたどっているなと実感。

イエイエ~イ!!

おばちゃん最高!!

体力の衰えを、物申すことでエネルギーに変えてあつかましく生きていこう!!!


しゃべってて、写真撮るの忘れた。
[PR]
by swallow-hair | 2010-05-26 23:22 | お出かけ

成長?!

開業資金の融資の申し込みのための面談がありました。

何度か商工会議所に相談に行ったり、事業計画書などもみてもらっていたし、
面談してもらう方にも会ってお話していたので、通常の面談よりは時間がかからないとのこと。

服装についても、「こんな格好でいいですか?」といつもの格好でOKと聞いていたので、
いつもの格好で行こうとしたら...

「そういうとこを見られるんじゃないの?人生を左右するような大事な日なのに」と、トト。

まさか、トトがそんなことを言うとは、一瞬耳を疑った。

「あの~、結婚の挨拶の時って、スーツで行った人がほとんどみたいなんですけど、

 人生を左右するような大事な日なのに、Tシャツ短パンだったの誰でしたっけ?」


「大丈夫!服装で判断されない!」と、ハッとしたトトが言いました。

トト...あなた墓穴掘りましたね。


それにしても、そんな発言するなんて、これは成長なのかな?


とりあえず、デニムのミニスカートだったので、黒いパンツに変更してみました。

そのお陰で?問題なく無事に面談を終えることができました。


早く、結果来て~~
[PR]
by swallow-hair | 2010-05-25 23:35 | 記録

ゴリちゃんウィーク

そういえば、この一週間、ゴリちゃんによく会った。

会う予定にしてた日が流れに流れて、やっと会えたと思ったら、
立て続けに会えた。

そういえば、先月も偶然に3日連続会えたな...

とにかくたまってたことをしゃべくりまくるので、
子供達には迷惑かも?!

「ゴリちゃん」の由来は...

モンチッチみたいだから「モンちゃん」とあだ名をつけたら
「そしたらアンタはゴリラだからゴリちゃんね!」らしい...

(決してゴリちゃんはゴリラみたいじゃありません)

今でも会話の中にでてくる、小学生の時の「あだ名」が
かなり残酷なことに気づき、でも大爆笑でした。

「トンちゃん」=名前が「ともみ」で、太ってたから「豚」の「トン」

「ジャイ子」=見た目そのままだから

「がま」=「ながまつ」って苗字だから

「まんじゅう」=顔がまんまるで名前が「まゆみ」

「トシちゃん」=苗字が「田原(たはら)」

「デブめぐさん」=めぐちゃんが二人いたので太ってる方

先生にもつけてたな。

「ハエじい」とか「ゲミちゃん」(耳毛)とか....

また思い出したら教えてねゴリちゃん。

ゆめちゃん(ゴリちゃんの娘)と、はっちゃんは姉弟のようです。

a0156399_025959.jpg

[PR]
by swallow-hair | 2010-03-31 23:55 | 気づき

変わらないということ

市民ホールの公園に行ってきた。

いつもはガラガラの駐車場がいっぱいで、公園の中に停めた。

何事かと思ったら、浅江小学校の卒業式(卒業証書授与式って書いてあった)

なぜ市民ホールで?私の時は体育館だったけど。


はっちゃんはスヤスヤ寝てたので、車中に残して、ひ~ちゃんと公園で遊んだ。
シーソーしたり、ブランコのったり、滑り台すべったり、
車までよーいドンして、はっちゃんの様子みたり....

そのうちどやどやと小学生がうじゃうじゃ市民ホールからでてきて、
車の横に集合してきた。

車動かせないし、はっちゃん泣き出したらどうしようと思ってとりあえず
車に戻ってみたらまだスヤスヤ寝てた。
ホッ...

どうやら4・5年生でした。

30代後半くらいの小さい男教師がそれはそれは大きな声で、

「今日の卒業式はお前らのおかげでとてもよい式になりました。
 送る言葉、歌、起立、礼、すべてよかった。
 ありがとう!
 
 5年生!今度はお前らがトップじゃ!気合いいれろよ!
 4年生!今度はお前らがトップ2(ツー)じゃ!
 (どういう使い方???)
       頑張れよ~!
 家に帰るまで気を抜くなよ。
 せっかくのお前らの頑張りが台無しになるぞ。ええか~
 じゃ、さよ~なら」


 今どきめずらしい古臭い言い回しの先生だな。
 ちっちゃいけど、やたら声がでかいし。
 なんか聞いたことあるようなこといってるし。
 
 なんだ、なんだ、なんかこの人記憶にあるぞ。
 だれだ、だれだ、だれだ....
 ああ~この人知ってる!
 
 あさがおとかヘチマとかの観察を春くらいからやってて、
 それを夏休みの自由研究にしてて、
 夏休みが終わったら、なぜかわざわざ授業の時間さいて
 体育館に同学年の生徒集められて、
 この人の研究発表聞かされた~

 体育館の壇上からマイクも付けずに後ろの人にも聞こえる
 大きな声で発表してた!
 
 同級生の「かど〇か」くんだ!!!
 
 うわぁっ、うわぁっ、なんかよく見たら全然見た目変わってないじゃん。
 
 しかも、30年くらい前に、先生に言われたようなこと言ってるし。
 
 「お前ら」って.... なんか身震いするな~
 自分のこと大好きそうだな~

 あっ!卒業生ふたりと、両肩組んで写真撮った!
 あっ!握手しながら、肩ポンってした!

 うわぁっ、うわぁっ....

 それにしても、ピッタリな職業に就いたな~
 
 しかし、人って変わらないんだなと強く実感した。
 私もなんだかんだ言って、きっと変わってないんだろうな。
 
 いろんな経験をして、思うことはあっても、
 本質的なものは変わらないんだなと。
 
 結婚したらとか、子供が生まれたらとかで、変わらないってことね。

 
 それよりも、小学生の時の出来事や、先生に言われた言葉が、
 何かの拍子に鮮明に思い出されたり、
 その先生(大人)の、影響をモロに受けてる人を目の当たりにすると、
 子供時代の経験ってとても大事なんだなと、少し、恐怖すら覚えた。

 人はそう簡単には変わらないということ。
 
 変わるかもと淡い期待を抱かないこと。

 でも、「自分はこうなりたい・ありたい」とは思っていたいなと思った。
 
 
 どやどやうるさかったけど、はっちゃんがスヤスヤ寝てられてよかった。



 
[PR]
by swallow-hair | 2010-03-20 00:09 | 気づき