<   2011年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

カカの絵

母の日用に保育園で描いた?描かされた?絵が、入賞したらしく、アルクに展示されてるというので、
見に行ってきた。

光市・下松市の保育園、幼稚園、小学生の作品でした。

母の日あたりにジャスコに飾ってあったのは、私が料理をしている絵らしく、
「お母さん、いつもお料理作ってくれてありがとう」というコメントが書かれてあった。
「おいおい、いつも料理してるのは、ばあちゃんでしょ」

料理をしている私の絵もとてもよく描けていて、想像力があるんだなと感心した。

入賞作品には
「お母さん、いつも髪チョキチョキしてくれてありがとう」と書いてありました。
いつもカットするとき嫌がるくせに~

a0156399_1212737.jpg


「ひ~ちゃんとカカのお顔の色を変えて塗ったの」だそう。
白いのはシャンプー台。茶色い四角いのは、雑誌置く棚?ワゴン?
私のお店を御存知の方はなるほどな感じですが、知らない人は、よくわからないはず。

日和画伯
a0156399_1261935.jpg


トトは「入賞したけど、題材が気に入らない」とか
ばあちゃんは「カカの顔が可愛いすぎる」とか。

父の日も敬老の日もこれからあるじゃん!
父の日にどんな絵を描くのか楽しみです。
[PR]
by swallow-hair | 2011-05-31 01:33 | ヒヨリゴロク

5月のこと

観たかった映画を観た
「玄牝(げんぴん)」 http://genpin.net/

その世界で「神」と崇められている人も、「普通の人」だということがリアルに実感できて、
妙にホッとした。
「出産」...経験者だけど、息が止まりそうな、なんかでてきそうな、こみ上げるっていうのかな?
あらためてすごいことだな、人が誕生するって。

たしかに、長男を出産した直後に彼の顔をみた瞬間、「大変なことだ」と思った。

お腹にいる間、少なからず「私の赤ちゃん」という意識があった。
大きな間違いだった。
「彼の人生」のある時期を共有する「母親」という役割の「私」の責任の重大さを一瞬にして思い知らされた。

決して「彼の人生」を「私の人生」と混同してはいけないとわかっているのに...

いやいやもっとシンプルなはず。 う~...葛藤...


この映画を見た頃、みょ~にあれこれやりたいことが浮かんできて、考えるのが楽しくて楽しくて、
ワクワクしてた。
全てのことを実現したくて、あれこれ調べてみたり、妄想したり。

でも、どうもこのまま突っ走ってはいけないと何かに引っ張られてる感もあり、
いろんな人に相談してみた。

なるほどなお言葉をいただきました。

①「〇〇行きたい!」だけなのに、その言い訳をただ言ってるだけ。単純に〇〇に行けばいいじゃん。

②誰かの真似じゃなくて、自分らしくでいいんだよ。

③焦らなくて大丈夫。夢は向こうから近づいてくる。

④自分が求めていたら、人は集まってくる。

迷いがなく自信があるときはきっと不安にもならないし相談もしないはず。
「今」ではないんだなと。
じっくり、ゆっくり、焦らずに。


明日は引越し。
実家をでて、虹ヶ浜のアパートへ。久々の4人暮らし。
念願の海そば暮らし。
また一個、夢叶った。
[PR]
by swallow-hair | 2011-05-31 01:07 | 記録

ゴールデンウィーク

5月3・4・5日は特に遠くにお出かけ予定も無く、近場で過ごしました。

トトが仕事なので、3日は3人でその辺ブラブラ。

冠山総合公園に、お弁当持って行ってみた。

てんとう虫飛んでけ~
a0156399_2853.jpg



ひ~ちゃんの後ろにくっついて真似ばかりするお年頃のはっちゃん。
バランス
a0156399_283428.jpg

a0156399_285260.jpg


登る
a0156399_292611.jpg

a0156399_294026.jpg


4日は家族4人で恋路の公園へ

うしろの子、うつぶせで滑ってる~


このあと、トトは遊具から肩から落下?いや、バランスを崩して肩から着地して、
鎖骨の脱臼&骨折で全治2週間

「あのおじさんが転んだから怖くなった。もうやめる」とその遊具で遊んでた女の子にトラウマをつくった。

そのあとactroomにお買い物いったり、メラの焼きそば食べたり...

そんなんで5日は、トトはお留守番で、
三人でお散歩がてら柏餅を買いにいったくらいで家で過ごしましたとさ。

それにしても、骨って案外、簡単に折れるもんなんだね。
[PR]
by swallow-hair | 2011-05-20 23:59 | 家族

誰から?

毎度のこと、怒ることじゃないないのに、ひ~ちゃんに怒ってしまったあと。

「カカの子供に生まれてくれてありがとう」と言ってみた。母の日だけど...って関係ないけど...

そしたら、
「ひ~ちゃんとはっちゃんはカカから生まれて、カカは、ばあちゃんから生まれて、
 ばあちゃんは誰から生まれたん?」というので、

 「ばあちゃんは、ばあちゃんのお母さんから生まれて、ばあちゃんのお母さんは、
  ばあちゃんのお母さんのお母さんから生まれて....」ってしばらく続けたら、

 「じゃぁ、最初の人は誰から生まれたん?」

 と聞かれて、
  
 「....神様とか?!」 全くそんなこと思ってないんだけど。

  実際どうなのかもしらないけど、こんな時の素敵な答えを教えてください。


そのあと、
「カカは、何でひ~ちゃんに急に怒っちゃうんだろう。怒ることじゃないのに怒っちゃうね」と言うと、


「心のカカが怒っちゃうんじゃないの?ホントのカカは怒ってないと思う」って。

「心のひ~ちゃんはなんて言ってるの?」

「...なんにも言ってない」

「心のカカ」=「ホントのカカ」じゃないんだ...

心=ホントじゃないんだ...

...むずかしい...むずかしくしてる?


多分ホルモンバランス。ごめん、八つ当たりして。






  
[PR]
by swallow-hair | 2011-05-10 15:40 | ヒヨリゴロク