<   2010年 04月 ( 25 )   > この月の画像一覧

連日運動会

昨日に引き続き、運動会。

今日は、上島田地区の。

トトとカカは「パン食い競争」に出場。
中年・高齢者の組だったので、ぶっちぎりかと思いきや...

私たち夫婦以外の中年男性が早かった!
パン食い競争って、いかに一番に咥えるかが大事なのね。
揺れてなかなか咥えられなかった。

ひ~ちゃんが撮ってくれた。

a0156399_1403165.jpg


a0156399_1404411.jpg



ひ~ちゃんはお菓子もらえるやつに出場
今日もはじめはイヤイヤ言ってたけど、「お菓子」に反応して、スタートダッシュ!

a0156399_1421864.jpg


そのあと、ひ~ちゃんは食べる

a0156399_1433954.jpg


ばあちゃんは踊る

a0156399_14423100.jpg

なぜか、小学生たちも一輪車で乱舞?!

昨日の夜は、ゴリちゃん家で「たこやきパーティー」
運動会に続き、連日ゴリちゃんなのに、しゃべくるカカにお構いなく、
はっちゃんは寝る

a0156399_14111629.jpg


土俵があったので、ひ~ちゃんとハルくんと相撲とる。

a0156399_14145342.jpg


お弁当もらって家の横の原っぱで食べた。

a0156399_1410097.jpg


ぽかぽか気持ちよい日でした。
[PR]
by swallow-hair | 2010-04-26 13:26 | 家族

花まつり小運動会 その3

なんとかテンションがあがった!




ハルエさんとえいたくんの後に、トトとはっちゃんが、ゆうわくんのところに行って、なぜかひ~ちゃんが
気になって駆け寄ったり、親戚だらけ...


[PR]
by swallow-hair | 2010-04-24 23:52 | 記録

花まつり小運動会 その2

はっちゃんも、誕生日プレゼントの「カープ坊や」Tシャツを着て参加しました。

a0156399_2351878.jpg



カカが通っていた頃からあった藤の花

まさか息子が登るなんて夢にも思いませんでした...


a0156399_23512827.jpg

[PR]
by swallow-hair | 2010-04-24 23:41 | 記録

花まつり小運動会

保育園で「花まつり小運動会」があった。

参観日らしい。

まずは、みんなで体操。

ひ~ちゃん、踊らない...

a0156399_23264021.jpg


どうも気分が乗らないらしい。

a0156399_23301027.jpg


ヤダヤダ言われたら面倒臭いのでなんとかテンションがあがるようにカカ頑張った。

a0156399_23324369.jpg



そういえば私も笑ってなかったな...

a0156399_23353751.jpg


となりが、まきえちゃん、そのとなりが、ともこちゃん.....バツバツじゃん!!
[PR]
by swallow-hair | 2010-04-24 23:20 | 記録

はっちゃんお誕生日パーティーのモヨウ


洗濯干しなどそのままなのは御勘弁を...








[PR]
by swallow-hair | 2010-04-23 23:59 | 家族

忘れた...

あんなに頑張ってつくったのに...

ケーキに夢中になって忘れた!!

お風呂からでてきて気づいた。

「一升餅」

せっかくなので、半分をリュックにいれて担いでみた。
歩けませんでした。

ひ~ちゃんの時は、号泣だったけど、はっちゃんは泣きませんでした。

a0156399_1621156.jpg


その後は、恒例の、「フェラーリor 飛行機選び」

a0156399_1622117.jpg


ひ~ちゃんは「飛行機」を選びました。




はっちゃんは...

フェラーリをつかんだあと、飛行機もつかんで両方持ってました。

フェラーリと自家用ジェットを所有する男になってください!!
[PR]
by swallow-hair | 2010-04-23 23:18 | 家族

はっちゃんお誕生日パーティー

息子達が保育園に行っている間に、ささやかなお誕生日パーティーの準備をした。

もち米「一升」を蒸さずに炊飯器で炊いてみた。
見た目はいい感じだったけど、麺棒でついたり、手で返したりしているうちに、
なんだかとってもやわらかい物体になった。

水をつけないとくっつくし、でも水っぽくなるし...
しかも一升って大量だし...

この重さ、絶対担げないし、どうやってまとめていいかわからない。
夕方までにまとめられるほど乾かないな...

予定外に「餅」に苦戦したので、テンションがガタ落ち。

折り紙の輪っかっを作ってる最中も全くテンションが上がらず...
ごめんよ、はっちゃん。

トトが、輪っかの首飾りを作ってくれた。

なんとか完成。
餅はまだ乾かず。

たかちゃんに注文しておいたケーキを受け取りに行って、
息子達を保育園に迎えにいって帰った。

ひ~ちゃんはお腹すいたって言って、食べ始めるし、じいちゃんも食べ始めるし、
だらだらとパーティーが始まった。

a0156399_1614697.jpg


王様はっちゃん

a0156399_16155514.jpg


ケーキがおいしくてバクバク食べました。

a0156399_16163524.jpg


a0156399_16165427.jpg


はっちゃん1歳のお誕生日おめでとう!!!

これからも元気でたくましく!!
[PR]
by swallow-hair | 2010-04-23 22:23 | 家族

祝 八郎1歳!!

2010年 4月23日

めでたく、はっちゃんが1歳になりました!!

新生児時代は、気づけば寝ていて、まわりが騒がしくてもZZZZ~~~
「仏のはっちゃん」と言われてました。

首が据わるとほぼ同時に寝返りをはじめ、ズリバイ、ハイハイ、つたい歩きと、
ひ~ちゃんの時より早かったので、歩くのも早いかなと思っていたけど、
1歳間際でいきなり歩きはじめました。

声がでかくて、動きが激しく、仏のはっちゃんは何処へ...

体重9㎏(+6㎏) 身長72cm(+25cm)

大きくなったねぇ~

a0156399_1522375.jpg
a0156399_15221368.jpg

[PR]
by swallow-hair | 2010-04-23 22:04 | 家族

妊娠・出産のこと その3

2009年4月23日 PM12:45頃

とにかく体が勝手にイキんでしまう。
頭がでてきてるんじゃないかと思うくらい。

「歩けますか?」

「歩けません、もう産まれそうなんですけど....」

「車椅子もってきます!!!」

バタバタと若いナースは部屋を飛び出して行った。
座ってられなくて床に四つん這い。
ここで産まれたらどうしよう...

車椅子到着。
でも、痛みでどうやって乗っていいかわからない。
「乗れません...」
「助産師さ~~ん すぐきてくださ~~い!!」
若いナースがナースコールに叫んだ。

向かいの部屋が騒々しい。どうやらさっきの痛そうな声の人の部屋みたい。
親戚たちがうれしそうに話してる。
その人たちの前を運ばれてくの恥ずかしいな....

助産師さんが飛び込んできた。
6階の部屋まで階段でのぼってきたんだって。ハアハアいってた。

なんとか車椅子に乗っけられて、あとは目をつぶってた。
ガタンガタンと運ばれた。
エレベータのった。1階に着いた。自動ドア開いた。分娩室入った。

「ここ(分娩台)あがれる?」
「無理です」
「ストレッチャーもってきて!!」

体が勝手にイキむ。う~~~っと声がでる。
「イキまないで!ふ~~って息はいて!アッ、今、お腹痛くないでしょ?」
と、お腹をさわってた助産師さんが言った。

そう、今痛くなくなった!なんでわかるの?さすがプロ!!

その一瞬で分娩台にあがった。

「はい、お産はじまりま~す」
「いきまないで、楽にして。ハッハッハッって息はいて」
「頭でてきたよ、上体起こして鏡見て!」

ひ~ちゃんのときは、鏡をみる余裕はなかったけど、今回は前方の壁面の鏡を見た。
ワッ、頭見えた!

「はい、イキんで~...頭でたよ、次は肩ね」

肩があるのか...肩でたらスルッとでるな。もうひと頑張り。

鏡を見た方が、状況を把握できてお産が進むのね。
でも、次回がない予定だから、経験を生かせないな...

「はい、イキんで~~~」

出た!!!

「元気な男の子ですよ~」とへその緒がついた状態で顔のとこまで連れてきてくれた。

最初に思ったことは、「わっ、トトがでてきた」

とにかく元気でよかった。

なんともいえない爽快感と達成感と満足感で満たされた。
あんなに苦痛でしょうがなかった妊婦生活の記憶が消え去り、
懐かしさと淋しさに一瞬で変わってしまった。

私は、「出産」が好きなのかも?!

すぐ、胸の上で抱っこしたのか、きれいにしてもらったあとに抱っこしたのか
そのへんは覚えてないけど、胸の上で肌と肌をくっつけて抱っこしたとき、
小さいけど温かくて、小さいけど力強くて、なんともいえない感情がこみ上げてきた。

PM13:12 3022g 47cm B型
ずっと水の中でふやけてるから、みんな産まれたてはガッツなんだね。

a0156399_639511.jpg

[PR]
by swallow-hair | 2010-04-22 23:55 | 記録

妊娠・出産のこと その4

はっちゃんは諸々の検査があるとのことで、連れていかれた。

私もいろいろと処置された。
あまりにもお産が早かったので、子宮がびっくりしたらしく、収縮がいまいちなので、
お腹の上にアイスノンを置かれて冷やされた。
そうしないと、出血がだらだらと続いてしまうらしい。

体をいい香りのする温かいタオルで拭いてもらったり、
足は空気の圧でマッサージ効果のある浮き輪みたいなのをつけてくれたり、
飲み物を持ってきてくれたり、優しい言葉をかけてくれたり、
一仕事終えた体をスタッフの方々は優しくケアしてくれました。

でも、お腹に残ってるもの全てを出さなくてはいけないので、
お腹を触って、何かを発見したときは、
グリ~~~っとものすごい力でお腹を押されました。
陣痛やお産の痛みより、この痛みが半端なく痛かった。

新幹線の中のトトに電話した。
「産まれました」
「エッ?!もう産まれたの?早かったね」とあきらかに笑ってるのがわかって若干イラッっとした。
立会いに間に合わなくて、トトは正直ホッとしてるはず。

オカンにも電話した。
「エッ、もう産まれたの?じゃ、行くね」
そりゃそうだよね、一時間ほど前に電話で普通に話してたのにもう産まれたって。

ひ~ちゃんとジジババ到着。
ひ~ちゃんは表情が固かった。
分娩室の雰囲気が怖かったのかな?すぐ「帰ろう」と言って、さっさと帰っていった。

出血も落ち着いたので、部屋に帰ることに。

特別どこかが痛いというわけじゃないけど、体の力が入らない。
車椅子で部屋までつれていってもらって、ベッドに横になった。

「あ~~~~」って感じ。
海の松林のみえる大きな窓のある部屋で静かに一人で横になってるのが不思議な感覚。
お腹は空っぽで、全く一人でいるってことがいつ振りだろう。

メールしたり電話したり...
出産後のなんともいえない高揚感。

夕日が差し込んで、部屋がオレンジ色になった頃、トト到着。

トントンとドアをノックして、ニヤニヤしながら入ってきた。
「(出産)早かったね~」とまた言った。
「お疲れさま」じゃないんかい!!

不覚にも泣けてきた。
くやしいので、布団にもぐった。
また、笑ってる。

この部屋いいね~とか、はっちゃんに会って来るとか、とにかく旅行気分なのがムカつく。

ジジババが、ひ~ちゃんを連れてきてくれた。
はっちゃんも新生児室から連れてきた。

四人家族になりました。

a0156399_7203963.jpg
a0156399_7205660.jpg

[PR]
by swallow-hair | 2010-04-22 23:55 | 記録